ぺんちゃん日記

日常のネット活動について、広く浅くいろいろと。

PC でラジオを聞いてみる

ラジオなら Google Homeradiko を経由して楽しむ環境はすでに整っております。

しかしもうちょっと上の体験を目指したい。

PC でラジコを楽しむ最も手っ取り早い方法はウェブブラウザでラジコのウェブサイトにアクセスし番組を選んで再生することです。
ウェブサイトには番組表も備わっているので番組を選ぶのも簡単です。
radiko.jp

一般的なユーザー体験であればこれで十分満足できるはずなのですがダメ人間が PC を利用してズルをしようと思うとちょっと物足りない。
聞きたい番組は毎週ほぼ決まっているのだから時間になれば勝手に再生されてほしいのだけどユーザが能動的にクリックしない限り再生はされません。番組予約はできるけど通知してくれるのが精一杯で通知をトリガーにして再生を始めるような力のことはできそうにありません 。

ウェブページがショートカットキーに対応していればキー送信でファイヤーできますがマウスクリックイベント JavaScript でリスニングする形式なのでちょっと...。再生ボタンにフォーカスするための情報も足らなさそうだし 人間以外がサイトを訪問することを想定していないようです。

ウェブブラウザ以外の方法ではWindowsRadiko ガジェットというアプリがあります 。
radiko.jp

インストールは難しくありません。 Adobe AIR というソフトをインストールすることを要求されるものの作業そのものは簡単です。
Radiko ガジェットを何らかの形で制御できれば気に入った番組を 自動的に再生できるのではないでしょうか。アプリケーションである以上ある程度キーボードには対応しているだろうしとっかかりはあるんじゃないかと思います 。

しかしこのアプリケーションあまり出来がよろしくありません。
ラジオを聴くための条件は満たしていますが Windows アプリの常識らしきものはほとんど意識していない模様。
通常のアプリならメニューバーやショートカットキーに対応しているのですが...。
起動すると前回聞いていた放送局がいきなり自動的に再生されます。
フォーカスもそのボタンにあたっているのでtab キーによるフォーカス移動にも全く法則性がない。
前回どの放送局を聞いていたか人間には一目瞭然ですが機械には全く認識できない。
これでは操作の自動化はできそうにもありません。Web 版と違って番組表もないし予約もできない。アプリというのは辛いなあ。

ということで Radiko ガジェットについてはお蔵入りです 。
うまいこといけばタスクスケジューラと組み合わせてベッドで横になりそうな時間帯に思う存分 ラジオを楽しむ計画だったのですが。
普通に Google Home を使った方が良いです 。

ノート PC を新調しました

ノート PC が不調に陥って2年以上が経過しました。おそらく不調の原因はハードディスクの損傷だと思われますがいよいよ症状が末期的となり管理者権限でアプリを起動するとアクセスランプがつきっぱなしで言うこと聞かなくなります。こうなるとソフトウェアのインストールも困難。処分するより仕方ありません。

新しい PC は15 インチタイプにしました。だって17インチ高いんですもの。現行ノート PC を購入した当時は円高だったのかしらん。そんなに割高感も感じることなく購入できたんですが。

そんな愚痴はともかくメーカーのサイトから詳しいスペックが削除されないうちにメモがてら書き残しておきます。

Critea DX-KS
www.dospara.co.jp

みんな大好きドスパラですね 。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-8550U (クアッドコア/HT対応/定格1.80GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
グラフィック 15.6インチ非光沢液晶(1920x1080) / インテル UHDグラフィックス620(CPU内蔵)
メモリ 8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-19200/4GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク 500GB SSD
光学ドライブ 光学ドライブ無し
マザーボード インテルチップセット搭載マザーボード

今回のマシンは念願の SSD。起動してみるとさすがに高速いですね。ディスク容量は現行と比べると半分くらいになって少々心もとなくなりましたがクラウドをやりくりすることにします。
USB ポートを3つ備えていますが右側が3.0規格で手前だけ給電に対応しているようです。充電などのためにこのポートだけは開けておかなくちゃ。
SD カードは左側に挿入口があります 。
モニタはノングレアです。現行モデルがどうしてもグレアパネルのみで 不満ながら洗濯したのでありました。グレアパネルは長時間眺めるとギラギラしすぎていて疲れるねん。ヴェゼルの存在感が際立っていてスタイリッシュとは程遠いようでデスクトップ用の大型モニタと比べるとさすがに見劣りします。
本体内蔵のマイクで音声入力してみましたが結構きっちり認識してくれますね。もしかしてスタンドマイクが用済みになるかもしれません 。

最低でも3年間はコイツで頑張るつもりです 。

冬はマウスの手が寒いのです

指がかじかむとあからさまに指の力が弱くなってクリックが下手くそになるのです。
その上電動車椅子のスイッチのオンオフも指が届かなくなって身動き取れなくなることがあるのです(遭難の事案)。

マウスのこたつみたいなグッズがあれば冬でも快適な PC ライフを過ごせます。

ということでマウスのこたつお Google 先生に聞いてみたところそれらしいものがヒット。

身の回りにあるアイテムの組み合わせで実現可能なようです。

まあそういう需要があることはわかったのでいろいろキーワードを変えて Amazon などで探せば見つかるんじゃないですかね。

それで引っかかったのがこれ 。

[asin:B07KNPWVXF:detail]

まさにドンピシャ 。
暖かいマウスパッドなどを検索ワードにすれば出てくるんじゃないかと思います。
これ以外にもマウスの中から発熱するような製品もあるようです。

しかしこの中に手を突っ込むのは案外難しそう。
テーブルに手を上げてマウスまで引きずっていく過程でバリアになりそう。完全自力でこれを活用するのは無理かもしれない。

もっとシンプルな形の方が柔軟性の高い活用法があるのではないかと検索続行。
USB 温熱 USB 加熱などのキーワードで引っかかってくるのがこういうやつ。

ノート PC を置いている足の高い下駄にクリップか何かで止めておけばマウスの上に温かいものがかぶるような具合にできるんじゃないかしら。


結局このタイプを購入して試してみることに。
選んだのはこれ。

[asin:B07J6947FS:detail]

ところでカタログからは分からない情報あり。
ノート PC の電源が切れている時は加熱しないで欲しいんですけど通電してしまうのだろうか。
もう一つ USB の電源容量足りてるのだろうか。Amazon コメントを見ると直接 PC にぶっさしている人もいるようだが...。電力不足原因でPC が不安定になるならともかくぶっ壊れるとか遠慮したいんですけど。でも数珠つなぎに充電する機能があるところを見ると普通にコンセントにさして給電するアイテムだよね 。

悩んでいる時間はなかったのでとりあえずポチって入手です。

到着して試してみましたが PC の運転/停止にかかわらずコネクタが刺さっていれば常に加熱のようです。
結構あったかいので 冷え対策としてはばっちりなのですが 朝晩に抜き差ししてもらう手間はかかってしまいます。コンパクトで薄手なのでマウスパッドの下に敷いても特に違和感なく耐え難い寒さにでもならない限り下からテーブルを温めるだけでもいけるんじゃなかろうか。
そして電源容量。
USB 3.0でも5ボルト900ミリアンペアが最大電力供給量という検索結果が得られました。この製品の消費電力は5ボルト1アンペアということなので若干足りてませんね。おとなしくコンセントにつなげていうことのようです。

そして恐れていた PC 作業場の寒さですがそれほどでもなく多分必要に迫られることはないのではないかと思います。
最強寒波が来たら考えましょう 。

まだ名前付けで消耗しているの? 洋服や布袋に名前を入れられるフロッキー

お子さんの入園入学などでネーム入れに疲れきっているお母さん並びに保護者の皆さん毎日ご苦労様です。持ち物全て一点一点に名前を入れるのって結構負担のかかる作業ですよね。学校からテプラ禁止と言われて鉛筆一本一本まで名前を入れる羽目になったお母さん話を聞いた時は目が遠い空を見ていました 。
とはいえ集団生活で紛失を避けるには 乗り越えなければいけない作業です。
可愛い我が子の門出となれば頑張れるというものです。

入園入学以外にも名前入れを要求される機会はあります 。
老人ホームなどの施設に入所する場合も同様なんですね。私はこのパターンでして当然家族にやってもらう側となります 。あんまりしょうもないことで家族に苦労をかけても仕方がないのでなんとか楽してもらえる方法はないだろうか思案します。
と言ってもgoogle先生に聞くだけですけどね。

そこで見つけたのがフロッキーという名前シール 。

こいつは優れものでしてネットで注文すると名前が入ったシールが送られてきます。
そのシールを洋服やハンカチなどの上に重ねてアイロンでぎゅーっとすれば名前部分のインクが圧着されて電車されます。

アイロン出してくるのも割合手間だしマジックで書いた方が楽なんじゃね?
私不器用だからきれいに貼り付ける自信がないよ。
毛布やタオルなどの毛足の長いものには貼り付けられない。
アイロン禁止の素材にも使えない。
など反対意見はもちろんありますね。
ただフロッキーには圧倒的なメリットもあります。

それはカラーバリエーションが豊富なこと 。

洋服がパステルカラーなど薄い色合いならマジックでも簡単に名前入れできるのですが黒や紺だと非常に見づらい仕上がりになりません?
発色の良い薄い色のペンがあれば良いのですが一般家庭にはなかなか置いてないとは思います。
特に難しいのが靴下です。タグが付いていないので取り付く島もありません 。
フロッキーなら黒地になら黄色。紺地ならピンクなどのように 確実に読める文字色の組み合わせで名前入れできます。
ネーム入れ作業がなくなるわけではありませんが試してみる価値はあると思いません ?


今回注文したのはこれ。

注文はとっても簡単 。
アマゾンの注文工程にギフト設定を指定することができます。ここで宛名を入力すると業者に名前を伝えることができます。文字サイズから言っても漢字よりはひらがなまたはカタカナの方がいいでしょうね 。

注文したら翌日に発送してくれました。
今回年末ということもあってスケジュールが押し迫っていたのでスピードこそが正義です。
金曜に発注して翌週の木曜に到着というメールが届きましたが実際には火曜日には届いていました。
とっても早かったです。
品質の方はまだはっきりしませんが3ヶ月くらいたったら結果を報告したいと思います。

ちなみに老舗の安心ブランドといえばこちらのメーカーになるようです。

衣類用フロッキーネーム メールオーダー式 アイロンシール

衣類用フロッキーネーム メールオーダー式 アイロンシール

乾燥機に対する耐久試験を行っているようなので(先ほどの商品には乾燥機に対する言及なし)次回はこちらを試したいと思います。
こちらは商品の到着まで3週間程度かかるようなので今回は間に合わずに見送りました。年末年始休暇を考慮すれば1ヶ月ですからね。
春夏物の服には間に合うでしょう 。
この業者はAmazon から発注すると注文ハガキが送られてくるのかな?
多分それに必要事項を記入してポストに投函すると送られてくるのでしょう。
注文工程が1往復余分に加わるのでどうしても遅くなりますね 。

これら以外にも特大サイズなど多様な商品がありますので興味がありましたらフロッキーで検索してみてください 。

ジレットモデルで電気シェーバーを買う

電気シェーバーの外羽が破れてしまいました。
これを買ったのは急遽入院した時だから3年前ですね。あの入院からもう3年かぁ。入院中に髭ボーボーで困ったから急遽電気屋で安いやつを買ってきてもらったんだった。替刃の寿命は2年くらいなのでそろそろ交換時期なのではあります。

ですが私は知っている。

激安電気シェーバーは替刃と本体の値段が同じぐらいの設定になってる。

Amazon で型番を調べてみるとこれまで使っていた機種は案の定 替刃を交換するためのいけにえとして購入されているようです。 Amazon のコメントを見るとビックリマンシール目当てで購入したチョコを捨てる背徳感を大人になって再び犯してしまう贖罪の言葉が並んでいました。

こんなへっぽこ電気シェーバーのために替刃を購入するのもバカバカしいので今回はワンランク高めのグレードで購入しておきます。

替刃の交換時期になった時型番を調べるのが面倒なことを想定して今のうちに交換用の替刃も用意しておきます。

パナソニック  ラムダッシュ替刃    ES9013

パナソニック ラムダッシュ替刃 ES9013

うっかり落下させるなどして破れてしまった場合直ちに交換できるし急な出費で悩む心配もありませんのでプリペイドですよ 。

今回の記事は替刃の交換時期の参考にするために書いています。
3年後ぐらいに交換。さらに3年経ったら本体買い替えかな 。

この期に及んでまだガラケーかよ

なんでこんなしょうもない記事を書いているのか

契約した年月を忘れると解約するときに残念なことになるかもしれないから。
途中解約の違約金本当になくして欲しいよ 。

はじまり

10年近く愛用してきたガラケーがとうとう壊れました。
イヤホン接続端子がぐらぐらになってきてイヤホンをさしても音声が非常に聞きづらいという不具合。
それ以外の機能には問題はないのですが 、この体ではイヤホンなしで使うのはなかなかに困難なのですね。それでやむなく機種変という流れになりました。
Web で価格調査をしたところガラケースマホも月額利用料は大して変わらないように見受けられます。スマホの値段が下がっているというよりもガラケーの値段が上がっている 。大手キャリアももうガラケーはやりたくないのか。

スマホなら音声操作もある程度は可能だしここは一発スマホに乗り換えですよ。と勇んでショップに行ってもらったのですが...。ショップが提案してきたプランと Web のお見積りの金額にすごく差があります。

どこで差がついてるんだよ

それで互いの見積書を比べ合うのですがさっぱり金額が合わない。
と言うかショップからもらった見積書の中だけでも合計金額が合わない 。
値段が明記されていない項目もあるし。なんじゃこら。見積書の体をなしていないぞ...。
こいつはおかしい‼
と思ったものの、その書面のどこにも見積書とは明記されていない。
たぶんスクリーンショットのコピーだろうな。クレームが来たらこれは見積書じゃありませんと逃げられるやつや。ウェブサイトの試算でも含まれていない数字があるし。
なんか不誠実じゃないですか⁉ソフトバンクさん。

撤退

再考の必要ありと撤収してきましたがその後問題続出です。
ソフトバンクガラケーからスマホに乗り換え割引について総務省から怒られているとの報道を耳にする。格安端末を選ぶと割引料金の方が高額でキャッシュバックが発生してしまうため不正な取引になるというないようです。
まさに自分のパターンですね。それでお高めの料金プランが出てきた......のか?

その日の午後さらに残念なニュースが入ります。
米国が Huawei を名指しで 批判しつつ副会長をカナダが拘束。
これ絶対日本政府にも波及して数年のうちに市場から締め出される恐れがあるわ。
スマホといっても通話くらいしか使わないしHuawei の廉価版端末を想定してたんだけどな。

トドめに大規模通信障害が発生。
でももう悩んでる時間ないのよ。

結論

ということでタイトル通りガラケー端末で機種変と相成りました。

Softbank 601SH AQUOS ケータイ2 BLACK ブラック[白ロム]

Softbank 601SH AQUOS ケータイ2 BLACK ブラック[白ロム]

メーカーサイトはこちら
www.sharp.co.jp
ソフトバンクの説明書

本来ガラケー端末は3年縛り。
スマホを希望したのはこの縛りが嫌なのもあったわけですが前の機種を10年近く使っていたので保険適用してもらって新機種無料。よって3年縛りなしという話でありました 。

ヘッドセットも

ついでに Bluetooth ヘッドセットもお買い上げ。
プラントロニクス Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Explorer 500
小さいし軽いそしてマルチペアリングに対応。耳の穴なフィット感も悪くなく途中でこぼれ落ちることもありません。再接続も容易で付属の充電ケーブルはちょっぴりおしゃれ 。

メーカーのユーザーガイド
USB ケーブルで充電PC から充電可能なのですがどの規格の USB に対応しているのか詳しく分からないところが今時の悩み。たかがヘッドセットの充電くらい古い USB の5ボルトでも充電できるやろと思うけど 3.0が必須となるとちょっと嫌だな。まだちょっとそこまでは確認できてません 。

古い USB でも充電できるようです。
コンパクトタイプのコネクタなので向きを反対にさしていたのが原因かもしれません。
端子が見える方が正面ですね。

その他にもいくつか注意点。
電源スイッチはボタンではなくスライド式です。介護スタッフがデジモノに疎いと大混乱です 。
電源が入っていないとケーブルを挿しても充電ランプは点灯しなかったように記憶しています (多分充電だけはすると思います)。ランプは電源オンオフに関わらず点灯するようにして欲しいですね。
イヤホンの表面が受話ボタンになってます。おしゃれすぎて介護スタッフに操作して欲しい時にここがボタンと認識してくれないのが悲しいところ。
マルチペアリングには対応しています。初めて電源を入れる時は電源オンオフでペアリングを行いますが2台目の端末とペアリングする時はランプが青と赤の交互に点滅するまで受話ボタンを長押しします。ユーザガイドを見るまで全くわからなかった。

ラズパイ工作できない私(人)のための Google Home 完全攻略ガジェット GHKit

Google Homeの存在が当たり前の日々を送っています。
エアコン操作をしてツイッターやラインでつぶやくことができれば概ね満足していますが、もう一歩踏み込んでプッシュ通知ができたらなあと期待しています。

スマートスピーカーが勝手にしゃべることについて世間的にはまだまだ警戒心が強いかと思われますが、自分で遊ぶぶんには問題ないでしょう。

それで以前から Google Home に自由に喋らそうと調べまわっていました。やり方はすぐに見つかったのですが、サーバを用意しなければならないあたりハードル少し高めです。サーバと言ってもラズパイで十分なのでラズパイ工作さえできれば大したハードルにはならないのですが、残念ながらこちとら身体障害者でありまして、スキル以上のハードルが待ち構えているのであります。
誰かラズパイの工作を肩代わりしてくれないかなあとモヤモヤしていましたが、ドンピシャの製品を見つけてしまいました。

これさえあれば面倒な設定いらずじゃないですか。やだー !


最近遅まきながら Node JS を弄り回しているのでデスクトップマシンに自前で構築しても面白いかとは思います。とはいえ長期的に使うなら専用サーバーは必須ですからね。
Google Home が本格的にプッシュ通知に対応するまでのつなぎという立ち位置かもしれませんが、今私が最も欲しいおもちゃですよ。