ぺんちゃん日記

食と歴史と IT と。 Web の旅人ぺんじろうが好奇心赴くままに彷徨います 。

デスクトップを撮影したいが映り込んでほしくない情報がいくつもある。

PC の作業風景をブログにのっけたいです。
これまではスクリーンショットを利用して画像で掲載していましたが、正直これでは伝わらないこともあるかなと。
百聞は一見にしかずとはよく言ったもので、動画にしたほうが圧倒的にわかりやすい。
では、なぜこれまで動画を使わなかったか?
録画の開始や終了くらいはトリミングしたいな、だけど動画編集ソフトを準備するのがしんどいわ。
PC の自動操作する過程で映り込む個人情報や他人のコンテンツをモザイクする作業もしんどいわ。
といったところです。
これではいかんなと思ったので、今年の目標として PC の操作を動画にしてブログ記事を出すことを決めました。

編集に関する不安。

トリミングについては YouTube スタジオでできるようです。
特別な編集ソフトを用意しなくても良いのはありがたいですね。
見られたくない部分をぼかすこともできるようです。
調べてみれば心配ご無用でした。
こちらは丁寧に解説している動画やテキストがたくさんあるので今回は扱いません。

写り込みに関する質問。

そもそも撮影したくない情報については、アプリを閉じてしまえば編集しなくても問題ないです。
冷静に考えれば無駄なウインドウが出ていると視聴者の意識が奪われて分かりづらい動画になってしまいます。
閉じたくないなら最小化でもいいです。
ブラウザのタブのように個別に閉じられるものもあります。
無駄なウインドウを消す方が優先度は高いし簡単です。

ところがすぐに手が動きません。
閉じるべき情報を判断するのが面倒なのと、閉じたものを開き直すのが億劫だなと。
閉じたものを開き直す作業の自動化については、最も面倒そうな Chrome に限って、サイズ調整処理で実現されています。
面倒なことは自動化で済ませたいなと考えます。
例えば Gmail やカレンダーなどは絶対閉じなければいけないものなので自動化の対象として良さそうです。
しかしながら、写っては困る情報はミスが許されないので面倒であっても1枚ずつ確認すべきでもあります。
動画の撮影頻度はそれほど高くないはずなので、当面の間は手動で行くと決めました。
その方針をまとめていきます。

映り込んで欲しくない情報。

まずは作業の中心となるブラウザです。

Firefox ブラウザ。

Firefox はプライベートな作業のタブばかりなので個人情報の塊です。
Facebook とか Twitter 通知とか。
これは一切動画には入ってほしくないですから、常に最小化してもらいます。
Firefox に対して行う自動操作もありますが、それは便利であっても紹介しないことにします。

Chrome ブラウザ。

メインブラウザの Chrome にも個人情報は表示されています。

Googleの WEB サービス。

例えば GmailGoogle カレンダー。
これらの Google 謹製アプリは Chrome で開くべきだからです。
Google ドライブは「マイドライブを開いた Chrome が作業ウィンドウである」という判定に利用しているので、マイドライブに限っては閉じられません。
クイックアクセスがオンになっていると、ページの一番目立つところにスクリーンショット付きでデカデカと表示されてしまうので設定オプションから消しておきます。
これで画面のダイジェストは消えますが、ファイル名やフォルダはたくさん表示されます。
そこでダミーのフォルダをたくさん作って、知られたくないファイル名が画面外に出るようにスクロール位置を調整しておきます。

ブックマークページ。

自分のブックマーク一覧を開いたタブは撮影しない方が良さそうです。
何も広く Web に公開されているものではありますが、自分のブコメだけならともかく、他人のコメントが入ってしまうのは好ましくない。

長文下書き。

長文下書きはブログのネタをストックしたり近いうちにやりたいことを覚えておくためのメモです。
これも見られると恥ずかしいものばかりなので閉じておきます。

アプリケーション。

eltest。

Twitter につぶやいた内容などが前回処理内容として表示されています。
無駄な情報なのでクリアしておかなければなりません。
小さいアイコンがたくさん並んでうるさいビジュアルなので、使わないなら最小化すべきです。

Mozilla Thunderbird

絶対に NG。
閉じてしまっても良いかも。

エクスプローラー。

ファイル操作に使っています。
マイdocument特に My Pictures 辺りは家族写真とか書類など写真にして送ってもらったりなど NG なものがありますので閉じます。

LINE。

最初誰よりも閉じた方が良いかな。
ログイン作業がワンクッションあるのがつらいところ。

映り込んでも構わなさそうなもの。

ブラウザで常時開いているページ。

github

他人の著作物は限りなく少ないので大丈夫だと思われます。

自分のブログと管理ページ。

自分のブログ記事くらいは大丈夫でしょう。
余裕があるなら広告はぼかした方が良いですね。
管理ページも小さな PR が表示されてしまいますが、大きな問題は起こりにくそうです。

スクリーンキーボード。

最前面に表示されるので非常に邪魔ですが問題にはなりません。
むしろ自分の操作がよく見えるので出しておいた方が良いくらいです。

eltest。

textarea が空っぽになっていることだけは確認して。

Visual Studio CODE

ソースコードは公開されていますからね。
設定ファイルを編集していない限りは大丈夫です。

動画を撮影してから。

動画をアップロードする前に全編通して再生して確認します。
閉じてしまった物を開き直す自動処理があると便利そうですが、宿題にしておきます。

今後動画撮影する前に迷わないようにまとめたと言いつつ乱雑なマニュアルでしたが、自分の心だけは落ち着く得ることができました。

お気に入りの番組紹介 週刊マネーランド。

マネスパップー!

お気に入りの番組紹介のシリーズ第3弾を迎えました。
今回は浅野真澄山田真哉の週刊マネーランドです。
公式ページの紹介によりますと。

番組内容. 声優であり、作家である浅野真澄と、公認会計士・税理士であり、ミリオンセラー「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者である山田真哉が、「お金」をテーマにお届け! 聴いているとお金・経済・投資リテラシーがぐんぐん上がっていく、そんなラジオ番組です。

浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド


とのことです。
毎週月曜日21時30分より文化放送でオンエアされます。
東海地方では毎週月曜日21時より東海ラジオで放送されます。
文化放送制作の番組ですが東海ラジオの方が30分早く聞くことができますね。
Radiko タイムフリーで後から聞くこともできます。
番組の一部はスポンサーのみずほ証券のサイトからも聞けます。

www.mizuho-sc.com

番組の構成は Wikipedia が詳しいです。

ja.wikipedia.org

Twitter の公式アカウントはありませんが#マネーランドで話題を確認できます。


さて、ここからは私なりの視点から番組を紹介させていただきます。


この番組はオタク向けバラエティ番組です。
メインターゲットは手堅く働いてるおじさんや野心のある若い世代と思われます。
お金とか投資経済とか堅苦しそうなキーワードがタイトルや番組の紹介に散りばめられていますが、知識ゼロでも楽しめる非常にくだけたテイストになっています。
と言うか、 そういう方たちに少しでも投資に興味を持ってもらいたいために作られる番組です。

メインパーソナリティの浅野真澄さんは声優を本業としているのですが、出演中のアニメの宣伝するような番組ではありません。
声優番組特有の?ゆるふわ感は皆目ゼロ。
ハイテンションでキレのあるツッコミ のトークで番組を回してくれます。
何しろ番組を盛り上げようとする浅野さんの意識が違う。
お金に対する意識が違う。
なぜならば!
リスナーが食いつく話題を提供できないと視聴率が下がる、すると番組が打ち切られる、そして一つ仕事がなくなる、よって収入が減って将来が不安、という金.金.お金のために本気の番組作りをしているからです。

アニメやゲームはまあまあ好きだけど声優にはそれほど興味がないという方でも大丈夫。
声優関係の話が出ることもありますが、業界のお金回りとか、税金対策 みたいな下世話な方面での話題が多いです。
まあ一番多いのは、お金に苦労したデビュー前と不安定な声優業の老後のお金の悩みなんですけど。
副業で同人誌を書いてコミケ参加もしているので、浅野さんならではの同人誌で失敗しないノウハウが聞けることもあります。


また、もう一人のメインパーソナリティである山田真哉さんが税理士.公認会計士であることから、[あの人はなぜ食えているのか?]コーナーのように様々な業界の裏話を垣間見ることもできます。
お客さんにはいろんな業界の方がいらっしゃいますからね。
もちろん声優もたくさん見ているそうです。
ビジネスモデルを分かりやすく暴いてくれるといえば、彼の著書「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」が大ヒットしましたね。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

  • 作者:山田 真哉
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2005/02/16
  • メディア: 新書

軽妙なトークとユニークな発想は税理士のイメージをぶっ壊してくれますね。
リスナー達も投資に興味があるだけあって抜け目ない。
投稿も視点が鋭くて勉強になります。
番組の謳い文句通りに毎週楽しみながら知識をもらっています。
ちなみに私はこの番組を聴き始めて2年くらいになりますが、未だに投資には手をつけていません。
みずほの CM のカップルは子供がで生まれたのに私は全く成長していません。


忙しい方は公式ページに放送内容をテキストでまとめてありますので、そちらをご覧になると良いかもしれません。
是非ともチェックを。

コピペと同時に置換する辞書を調整して句読点などの入力を軽減してみた。

コピペ操作を楽にするためにAutoHotkey で色々やってます。
改行のところに句点を入れたり、特定の単語を置き換えるなどの操作をAutoHotkeyにより処理しています。
句点は改行を目印に、読点をカンマを置き換える形です。
ポーズキーを長押しした時に音声入力エディタ入力されたテキストを対象の入力ボックスにコピペする AutoHotkey スクリプトを運用しているんです。
以前に書いたかなと過去記事を検索してみましたが見つからなかったので参照し損ねました。
話を戻して、問題はカンマを、にする時です。
全て自動で処理してしまうと、プログラムやコマンドに含まれる変換して欲しくないカンマまで対象となってしまいます。
そこでこれまではカンマを三つ並べた時だけ「、」にしていましたが、あまりにも面倒すぎることに今更気づきました。
ここまで行くと素直に IME を起動して入力した方が早いくらい。
そこで思い切ってカンマ一つを読点に、二つを中黒に、三つで普通のカンマに変換するようにしてみました。
純粋に日本語を入力するだけなら、利便性は向上しています。
ただしソースコードなどに含まれているカンマを気づかずにコピペして無駄な作業増やすおそれはあります。
とはいっても、 改行コードの場所に句点を入れている時点でコマンドやコードのコピペには使い物にならないですから、半年間に一度もそんなミスは発生していません。
そして中黒です。
複数の単語が並ぶ時に区切るための「.」ですね。
たまに入力したいことがあるのですが、 IME がないと簡単には入力できないので、これまでは何となくブランクを入れたり「、」でごまかしていました。
なんでそんなに IME オフにこだわるかと言うと、キー入力が IME に奪われて変換候補だけが中途半端に残ることがあるからです。
たかが、一つを入力するためにオンオフを切り替えたくない。
切り替え忘れてもイラつくし。


テストを兼ねてこの文章を入力していますが、もっと早く取り組むべきだったと思う程度にはストレスが軽減されています。
それともう一つ。
AutoHotkey と音声入力する時にブランクまじりな三つの単語に認識されていましたが、正確には AutoHotkey なので辞書登録しました。

喘息気味で咳が止まらないと言うので紅茶を送りつけた。

先日病院受診のために奥様に付き添ってもらったらゲフンゲフンと咳が止まらない様子でした。
2年前くらいに似たような症状になってしまって3ヶ月くらい苦しそうだったので今回はそうならなければ良いなと思った次第。

お医者様からは「気力ではねのけてください」と言われたようです。
喘息の薬は処方してもらってますが 即効性のある治療法はないんでしょうね。
対処法が病は気からということなら民間療法でしょ。
ということで喘息に効果があって導入が楽なものをググりました。
情報のソースは割愛しますが、カフェインが気管支を開いて楽になる効果があるらしいですね。
食べ物で言えば蜂蜜などが良さそうです。
そこで両者を融合できそうな何かを想像します。
紅茶なら蜂蜜とあるのかな?
それで蜂蜜紅茶をググります。
はちみつ紅茶は人気のブレンドのようですね。
ズバリはちみつ紅茶のティーバックが存在します。

粉末のはちみつで効果があるのだろうかといささか疑問に感じますが評判は悪くないようです。


後はこいつをポチるだけ。
なのですが、うちの奥様も飲み物にはこだわりがあるようで、自前の紅茶やコーヒーをストックしております。
紅茶が大量ストックされているのに紅茶を送ってもありがた迷惑になる恐れもありますので確認を取ります。

すると、先日養蜂場に遊びに行ってお土産に蜂蜜を買ってきたところだということでした。
それならば粉末蜂蜜がブレンドされたものよりも蜂蜜と相性の良い産地またはブランドの紅茶を選ぶのが良さそうです。

普段使い用の廉価商品なら Amazon よりも量販店で購入した方がコスパが高いです。
値段が下がるほどにコスパで比較してしまうので気軽には買えない価格帯のものを選びます。


お茶の価格は天井知らずなので実質的にはローコスト帯の中で比較的マシなやつというポジションだと思われますが。
専門店など愛好家が通う店の方が安いかもしれません。
店舗に足を運べない上に値段の比較すらできない情弱なので 詳しい人から見ればアホ丸出しの紹介かもしれません。
今回は門外漢の思いつき自己満足なので許してください。


この辺なら養蜂場のお土産のはちみつにも負けないと信じています。
自分の中では。
1日一杯仕事始めにでも飲んでください。

【AutoHotkey】ブログに Amazon リンクを貼り付けるスクリプトに不具合があったので修正した。

f:id:yasushiito:20190403184928p:plain
Amazon の商品をブログで紹介する時にスクリプトが期待通りに動かないことに気がつきました。
症状は Amazon は商品ページのタブを探索するところで開いているはずのタブを見つけられないというものです。
ソースコードと商品ページのURL を見比べてみると、あら簡単。
商品ページの URL のスキームが https ではなく http ではないですか。
Amazon のページは全部 https だとばかり思っていたので勝手に決めつけていました。
文字列の判定は正規表現ではなく純粋な文字列比較ですのでhttps?のようなor条件では記述できません。
かといって条件が甘いと Amazon.co.jp が含まれた関係ないページを誤判定されてしまう。
ちょっと悩んで://の部分さえあればクエリのパラメータには含まれないだろう思いつきます。

    ; カレントタブがamazonを選択してなければタブの中から探してみる。
    amazon := selecttab(work,"", "://www.amazon.co.jp/")

myahk/blogasin.ahk at master · yasushiito/myahk

わざわざエントリーを立てるような内容ではありませんが最近 AutoHotkey スクリプトを書いてなくてリハビリがてらに。



止めても止めても止まらないもの、なーんだ?

昨年末に嬉しかったことがあります。
10年以上ログインできていなかったヤフーのアカウントにログインできたことです。
どのくらいログインできなくなっていたんだろう?
突然ヤフーからメール配信が始まったので停止しようと思ったもののパスワードを忘れていてログインできないことに気づきました。
パスワード忘れた手続きで何らかの問題が発生したのでしょう、停止することは諦めてスパムメール扱いにする方針に切り替えました。
なぜそうなったか記憶が定かでありません。
とにかく Yahoo のメールは止まらないものだと諦めてしまった事実だけがそこにあります。
それ以降、邪魔くさいなと思いつつ手動で削除を繰り返していましたが、昨年末一大決心をしましてメール停止作業に取り組んだのです。
どうやらヤフーはパスワードは使わない方針になったらしく、ログインする時に自分のメールアドレスに認証コードを送ってもらうスタイルて認証することになりました。
もちろん他の認証方法もありますが私にとってはそれが一番面倒だ少ない。
メール一発で回復できるわけではないですね。

再ログインの手続きをする間はずっと不安でしたが、いくつかの作業の末に久しぶりに Yahoo のマイページを拝むことができました。
諦めなくてよかった。
10年以上の我慢の末ですよ?
なんでもっと早くやらなかったんだと思わなくはないですが、長年の悩みが解決したのはすごく嬉しかったです。
そして邪魔くさかったメール配信を停止するボタンを意気揚々とクリックしたのでした。

ここまでが昨年の話。

ところがです。
停止したはずのメール配信がズンドコ送られてくる。
話が違いますよ Yahoo さん。
手続きに失敗したかなと、メールに記載されていた配信停止 URL をフィッシングサイトでないことを確認しながらクリックしてもう一度配信停止手続きします。

ところがです。
停止したはずのメール配信がズンドコ送られてくる。
話が違いますよ やふーちゃん。
今度は手続き失敗しなかったはずなので、配信されたメールをよく確認します。
するとメールの送り主が少々違うことに気がつきます。
ヤフーオークションは止まったけどヤフーショッピングは止まってないということ?
メール配信が始まった時に全ての配信を受け取るようなオプションにチェックされていたのかもしれません。
そんなオプション付けた記憶がないのですが、多分ページのどこか隅っこに小さく表示されてたんでしょう。
泣いても仕方ないので届いたメールは片っ端から停止していきます。
ところが敵もさるもの。
手を替え品を替え3日に一度くらいのペースでメールを送ってきます。
「もしかして止めると3倍のメールが送り返されるんじゃないか」と疑ってしまうくらいに止まる気配がありません。
この一週間だけでもヤフーカード、ヤフー自動車、ヤフオククーポンメールなどのようにもはやギャグだろ、何兄弟いるんだよ呆れてしまうくらいの種類があります。
どうせ Yahoo アカウントは使ってないのだから退会してしまえば?
という考えもよぎりましたが、それで止まる保証もないし、その時は今度こそ永久にログインできないのですから絶対に止められなくなります。
全然信用していないので退会しません。

そうでした。
タイトルはなぞなぞでした。
止めても止めても止まらないもの、答えは Yahoo のメール配信です。

もうキリがないのであきらめて一括停止のやり方をググりました。
幸いにもそれっぽいものがヒットしたのでこれから作業します。

sumaoji.com

参考にしたページが開けなくなると困るので自分の記事でも簡単に覚書します。
自分のアカウントの設定の中からプライバシーとメール配信の項目の中の詳細リンクをクリック。
メール設定の項目の設定リンクをクリック。
Yahoo JAPAN からのおすすめメールを選びます。

すると参考にしたページにもある通り膨大な種類の配信メールが表示されます。
各配信の左側にあるチェックボックスのチェックを外して画面一番下の設定変更ボタンをクリックすることで一括解除できます。
チェックを外してボタンクリックですよ。
くれぐれもお間違いなく。
画像はほんの一部です。

f:id:yasushiito:20200115150631p:plain
f:id:yasushiito:20200115150658p:plain

一つ一つ解除して回ったら何ヶ月もかかるところだったよ。
普通の人は根負けして止まらないものだとあきらめてしまうわ。
アホらしいので皆さん一括解除しましょう。

おすすめメール以外にも次のような項目があります。
ヤフーメールの便利機能と広告最適化。
ヤフオク!ストアニュースレター
ヤフオク!ニュースレター
ヤフーショッピングストアニュースレター

と言っても項目をクリックするたびに再認証を要求されるので確認コードのメールを受け取ってコピペしなければなりません。
配信登録がされているか確認するだけでも再ログインなので、その作業も面倒なので挫折しそうです。
本当に Yahoo メールの息が止まったことを確かめるには確かめることができるのは2週間ほど先のことかと思います。

【AutoHotkey】過去の自分のブログ記事を探す作業を楽にしたい。

f:id:yasushiito:20190403184928p:plain
ブログをマメに更新すると決めて一年近く経とうとしています。
過去記事も増えてきたと共に、年をまたいだせいでサイドバーに表示されている月ごとのインデックスが年間にまとめられてしまって過去記事を掘り出す作業が億劫になってきました。
面倒かなと思ったらもう負けです。
過去記事を引用したり参照する作業するが面倒になってしまって自分で読んでもイライラするようなまとめ方になってしまいます。
そこで、ワンクリックと少々で自分のブログを検索できるようにしたいと思いました。

検索方法。

自分のブログを検索するには二つの方法があると思います。
一つは自分のブログページに表示されている検索ボックスから行うこと。
もう一つはGoogle の検索オプションsite:をつけて自分のブログに限定して検索すること。
どちらも get methodでの検索クエリが使えます。
URL の後ろの方に?つけて検索条件を渡すタイプですね。
これなら下手なキーボードショートカットや画像認識による操作を行わなくても検索結果を開けます。
ただし、はてなの検索クエリは日本語などのマルチバイト文字をエスケープしてからでないと文字化けしてしまうでしょう。
Auto HOT Key 公式には URL エンコードの関数はなかったでしたよね。
非公式なら Web で見つかりますが導入コストはかかります。
待てよ? Chrome の URL バーにコピペする手順だから、 Chrome がうまいこと行ってくれるのではなかろうか。
と言うか今検証したら URL エンコードなしで大丈夫だ。
ということで、 はてなの検索を使えばノイズが少ないメリットがあり、 Google なら エゴサ的に 幅広く探せます。
好みの問題になりますね。

どこに割り当てるか。

自分が管理しているランチャーアプリ eltest のボタンを追加しても良いのですが、アプリの追加工事は作業量が多い上に配置できるボタンの数も限られているのでキーボード操作だけで起動できるなら きれいに片付きます。
特にScrLkキーの長押しで Google 検索を開く機能を以前に実装してあるので、比較的用途が似ています。
検索関連で何かしたい時はとりあえず scrlk しておけば何とかなる仕組みにしておけば導入は楽です。

Chrome で自分のブログページを開いているときに単語をセレクトしておけば Scroll lock キー長押しでマイブログ検索が走るようにしてみてはどうでしょうか?
弱点としては、自分のブログを開いていなければならず、おまけにその中から検索したい単語を探してマウスドラッグで選択反転しているときに限るということです。
なかなか厳しい条件ですね。
自分のブログを探したい瞬間なんて大抵の場合は記事の編集中なので、編集フォームに目的の単語が見つかると考えられます。
何の脈絡もなく参照されるのはそれはそれで問題あるのできつい縛りでもないかなと考えます。
まずは編集フォームを埋めないと資料を集めもままならないので記事を書くプレッシャーになるかもしれません。
この方式なら実装は比較的シンプルなので試してから考えます。

実装。

scrlk 長押しの時に起動する処理wordgooglesearch修正します。

アプリ種別で条件分けするgooglesearchfordomain関数に Chromeだった時の動作を追加します。

googlesearchfordomain(target, title){
    ;アプリケーションの種類を判別するためにプロセス名を取得する。
    WinGet, pn, ProcessName, ahk_id %target%
    ;Visual Studio CODE の場合。
    if pn = Code.exe
    {
        searchvscode(target, title)
        return
    }
    ;Chromeの場合はタイトルから判別する。
    pos := RegExMatch(title,"- Google Chrome$")
    if pos > 0
    {
        searchchrome(target, title)
        return
    }
    ;何のドメインにも該当しなかったら単純に選択テキストをコピーする。
    ;アプリケーションによっては何もコピーできないことがあるのでクリップボードをクリア。
    clipboard := ""
    Send, ^c
    Sleep, 100
    return
}

myahk/wordgooglesearch.ahk at master · yasushiito/myahk

Visual Studio CODE の判別は実行プロセス名で行いましたが、 Chrome はウインドウタイトル名で行なった方が間違いがないです。
タイトル末尾の Google Chrome正規表現で探します。


次は Chrome だった時の処理を書きます。

;Chrome から検索ワードを拾う場合。
;自分のはてなブログでキーワード選択している場合は過去の記事限定で検索する。
;検索ワードはクリップボードに設定して帰される。
;自分のはてな ID をグローバル変数に読み込んでおく必要がある。
searchchrome(target, title){
    global hatenaid
    ;表示ページが自分のブログであるかを判定するためにクロームに切り替えてページの URL を取得。
    WinActivate, ahk_id %target%
    url := getbrowserurl()
    ;選択中の単語をクリップボードに送る。
    ;テキスト選択されていないことを考慮してクリップボードはクリアしておく。
    clipboard := ""
    Send, ^c
    Sleep, 100
    ;自分のブログに限定する検索オプション。
    opt := " site:" . hatenaid . ".hatenablog.com "
    ;編集ページの URL の場合。
    IfInString, url, blog.hatena.ne.jp/%hatenaid%, {
        clipboard .= opt
        return
    }
    ;表示中の記事から検索ワードを拾うとき。
    IfInString, url, %hatenaid%.hatenablog.com, {
        clipboard .= opt
        return
    }
    return

myahk/wordgooglesearch.ahk at master · yasushiito/myahk


ブラウザの URL を取得して、自分のはてな ID が含まれる URL だった時に 検索オプションのサイト指定をつけます。
URL を取得した際にクリップボードにゴミが残ることがあるので忘れずにクリアします。
検索オプションはsite:の後に注目したいドメインとパス( http の後ろ)を指定します。
自分のブログの URL は2種類あって、訪問者が見るはてなブログの URL と、自分が記事編集するための管理ページ URL となります。
前者ははてなブログドメインサブドメインに自分のはてな ID が当たります。
私の場合ははてな ID がyasushiitoなのでyasushiito.hatenablog.comですね。
後者ははてなサブドメインブログの配下のパスとなります。
スラッシュの後ろに ID が来ますから私の場合はblog.hatena.ne.jp/yasushiitoですね。
単語とオプションを付けた検索ワードを準備できたらクリップボードに入れて処理を返します。
上位な処理では検索ワードがクリップボードにセットされて帰ってくることを期待しています。

Scrlk の長押し判定はこんな感じですね。

;長押しした時はアクティブウィンドウのカーソル周辺の単語を Chrome でネット検索する。
ScrollLock::
    ;長押し判定。
    ;スクリーンキーボードからマウスクリックで2入力しているので左ボタンを監視している。
    KeyWait, LButton, T1
    if ErrorLevel
    {
        wordgooglesearch(workurl)
        Return
    }

    Return

myahk/full.ahk at master · yasushiito/myahk


この記事を書くときにも早速使っていますが、違和感はありません。
Good ハックでした。