ぺんちゃん日記

食と歴史と IT と。 Web の旅人ぺんじろうが好奇心赴くままに彷徨います 。

【AutoHotkey】指定した URL を作業ウインドウで開くシンプルな機能がなかったので追加した

f:id:yasushiito:20190403184928p:plain
新年度になりましてラジオ番組の編成が変わったことから Radiko のページを開く機会が増えました。
番組の感想などを翌朝に振り返ってつぶやく機会も増えたので、タイムフリーで Radiko を開くことも度々あります。
そこで、 Radiko 関連の機能を強化しようかと考えております。

まずは、functionキーでライブページを開くところから。
これはブラウザに URL を与えるだけなので簡単です。
ラジオのチャンネルを設定ページで編集できるようにしようと思うとひと手間ありますが、さしあたって決めうちならすぐにでも。
早速手を動かそうとしましたが、起動中の Chrome ブラウザの、 主に作業で使用する「作業ウインドウ」で指定 URL のページを開くという至ってシンプルな機能が実装されていないことに気がつきました。
作業ウィンドウでページを開く処理はいくつもあったはずだけど、全部コピペで済ませてたのか………。
意外な盲点を見つけたので、さっさと実装しました。


少しずつこの関数に置き換えて行きます。



桜がいい感じに開いてきました

今年は暖冬ということで、桜の開花も例年より早いだろうとそわそわしていましたが、案外出足は遅くて4月に入って開花が始まりました。
この昨日今日と比較的穏やかな天気が続いたことで、足が一気に早まり、2分咲から一気に6分咲きぐらいまで進みました。
今日は風もなかったので、庭まで出て超久しぶりに自発的に外の空気をすいました。
シャバの空気、超うんまい。
屋内で吸う空気よりも新鮮さが全然違いました。
コロナ自粛のストレスも多少は緩和されたかもしれません。
なんだかこれでやっと春が来たなと気持ちが切り替わってきました。

そういえば、これが今年度初記事ですね。
1年前にどんな気持ちだったか思い出したくて、過去の記事を読み返してみました。
娘が高校に進学してドキドキの新生活だったなー。
あれが1年前か………。
私はといえば、 PC 環境がめちゃくちゃ不便そうで、環境改善に張り切っている姿が初々しい。
今では当たり前で、なくなったら絶対困るような機能を実装していました。
年を取ると一年が早いと言うけど、こうやってみるとじわじわと変化していることがわかりますね。
何気ない話題の方が自分の心境の変化を感じやすいので、 Web 上のゴミ記事もライフログとして悪いものでもないなと改めて感じました。

たまには映画でも見てみるか マッドマックス怒りのデスロード

嫌なニュースばかりで気が滅入ってしまいますね。
毎日ルーティンを繰り返すことでコンディションをたもつタイプではありますが、こういう時はスカッとするために、いつもはやらない行動で気分転換するのも良いかなと思いました。

普段やらないことで気分が晴れそうなこと。
思い当たったのが映画を見ることでした。
もちろん外出は禁止されているので、ネット視聴です。
ネットで有料コンテンツを見るの、実は初めて。
レンタルショップにすら足を運ばなくて良いのですから、格段に便利になりましたね。


そこで普段なら教養が身につきそうな意識高いタイトルを選ぶところなのですが、今回は気持ちをリセットするのが目的なので、できるだけ頭の悪そうな作品で、 話題性も高かった近年の作品から選ぶことにしました。
選んだのはこれ。



マッドマックス怒りのデスロードです。Yeeeeaaaah !
ただし、私は YouTube ではなく、 Google Play で視聴しましたのでご注意を。
皆さんお好みの環境でご覧下さいね。


マッドマックスシリーズ。
こいつはいいですよ。
水だ ! 火薬だ ! ヒャッハー !!
暴力こそ正義だ !

過去のシリーズを見たことがあれば、無限の荒野をでっかいトレーラーに乗って、走って走って、悪党から逃げ切るストーリーだということは簡単に想像できます。
後はトゲトゲのついた車と超大型車が、吹き出る血液と爆炎を飛び散らせながらカーチェイスするところを眺めるだけです。
結末はいたってシンプル。
もう最高に頭悪いですね。
こんなの面白いに決まってます。
結果としておかわりして2回見ました。
2回目も十分に面白い、と言うかむしろ2回目の方が面白かったですから、安心して繰り返し視聴してください。
時間の都合で3回目には挑戦できませんでしたが、3回目も面白い自信があります。
何年かに一度しか映画を見ない私が思うに、最近の映画は細部の小さなネタにまで仕掛けがしてあって見る度に何らかの発見をできるようになっているのではないでしょうか。

ここからは感想文を含めて私が発見したことをつらつらと書いていこうかなと思います。
まず、作品に登場する車が 暴走族めいていてかっこいい。
角が生えていたり炎を吹き上げていたり。
しかもそのデザインが単なる装飾ではなく、攻撃のための機能を備えているところがすごいです。
こいつらなにやってんの ?
命知らずと言うか、頭おかしいと思っていたら、過剰な火力で制圧するのではなく、人質を安全に奪還する道具だったとは !
しかもその攻撃バリエーションの多いこと !
極端な話、誰一人として同じ武器を持っておらず、それぞれ独自にカスタマイズした必殺技を繰り出してくるんです。
変な車が登場するたびに「あれは何だ」と一気にテンションが上がります。
パワーショベルとか !パワーショベルとか !
火炎放射器のギター男とか、最後まで謎かっこよかったですよね !

こんな恐ろしい銃火器が次々と迫ってくる。
これだけ戦力差があるのに、主人公がことごとく撃退してしまうと、敵が間抜けに見えてしまって、しらけがちになってしまうものなのですが、そこもちゃんと理由がつけられています。
それが「逃走しているのは敵のボスのお気に入りの女たち」である、つまり人質を取られている関係であること。
この「傷つけてはならない人質をのせて逃走するトラックを止める」という縛りのある設定にしたことで、ゲームバランス?が絶妙に整えられているんですね。
資源を盗んだ不埒者を殺せという命令なら雑作もないミッションだったはずです。
相手を傷つけずに生け捕りにしろと言う指示は戦力が10倍あっても難しい。
その発想で賊どもが原始的な槍を武器にしたり、オフロードバイクで砂山を飛び越えるアクションを映画内に組み込んでも 違和感なく楽しめるんですね。



さて、この映画。
スピード感あふれるアクション映画ということで、セリフが少な目、登場人物はあまり語りません。
特に主人公の二人、マックスとフュリオサは背中で語るタイプで、過去に何が起きたかはあまり語られません。
彼女の手首が欠損していることも当たり前のように受け流されています。
だからといって、ストーリーが薄っぺらいなんてことはありません。
むしろ余白があるからこそ、 観客は想像を許されていると言えます。
盗賊どもに誘拐されてから7000日が過ぎたという一言だけだからこそ、その時間の途方もなさ、不屈の意志を垣間見ることができると言えませんか?
そう、この物語の登場人物はみんな確固たる自分の正義を貫く鉄の意志を持っているんです。
それは一見弱そうなイモータン・ジョーの妻たちについても同様です。
彼女らだって、本当の自分の行き方を侵害されるなら死んだ方がマシだという強い意志があるんです。
だからこそ命がけで逃げ出した。
それは結局最後まで変わりませんでした。
唯一、自分が信じる正義が変わったのがウォー・ボーイのニュークス。
彼だけは神とすがるイモータン・ジョーの元から去ることを決意して、 自分の力で自分の正義を発見しましたね。
彼が何度も放った「俺を見ろ」のセリフ・最後は決定的に変わりましたね。
物語を通じて成長したのは彼だけだったのではないでしょうか?
弱くて未熟で決められない彼に共感してしまったのは私だけではないと思います。



ところで、結末はハッピーエンドという形で着地したように思えますが、実際のところ救いがないと思ったのは私だけでしょうか?
悪いのは暴力を背景に人を物扱いする奴らではなく、文明を崩壊させた核戦争ですからね。
ほとんどの人間が 自由を享受できるようになったとしても生きてはいられない。
人口を増やして強い社会を作る仕組みはイモータン・ジョーのやり方の方が上手になりそうな気がしてならないのです。
種の生存と倫理をバランスよく両立させるためにはまだまだ長い道のりになることは間違いないですからね。
7000日どころか7000年かかるかもしれませんね。
いや、我々が暮らす現実のこの社会がイモータン・ジョーの秩序でないとは言い切れないと考えると、7000年でも足りないかもしれません。



これ以上喋るとネタバレ不可避。
映画の話って難しいですね。
それにしてもカロリーの高い映画でした。
400円を出した甲斐がありました。

【AutoHotkey】はてなブログの編集ページでエンターした時の動作が変わっていたので対応していた

f:id:yasushiito:20190403184928p:plain
もう2ヶ月近く前の話になってしまいますが、ブログのエントリーを開始する自動作業で、タイトルをコピペする動作に失敗していることに気がつきました。

原因を探ってみると、エントリーページの仕様が変わって、タイトルの入力フォームでエンターキー押すと本文の入力に移るようになりました。
これは本来なら改善でグッジョブとなるのですが、私にとっては悪い知らせです。
なぜなら、エンターキーを空うちしてバックアップボタンを消すようにしているからです。
その辺の経緯は複雑だったので日記で書きました。



yasushiito.hatenablog.com



非常に厄介な状況で、画像認識に頼ろうと考えましたが、ダメ元で[復元ボタン]で Ctrl + enter してみたら、復元ボタンは消えて、なおかつタイトルの入力フィールド上では何も起きないと言う願ったり叶ったりな結果を得られました。
その辺の事情と、実際の操作手順はソースコードを引用しておきます。

    ;前回編集の途中でフォームを閉じるとバックアップが残ることがある。
    ;この状態では本文にテンプレートを挿入した後にタイトルに移ってタイトルを貼り付けようとした時に復元ボタンに引っかかって失敗する。
    ;そこでひとまず先に復元ボタンを消す作業を行う。
    ;本文から SHIFT + tab でフォーカス移動すると、タイトルまたは復元ボタンに移動する。
    ;この状態で Ctrl + Enter すると、 タイトルにフォーカスがある時は何も起こらず、復元ボタンの時はボタンが消える。
    ;この状態で tab キー送信で、どちらのパターンも本文にフォーカスを持つ状態になる。
    ;普通にエンターするだけだと、タイトルにフォーカスがあるときに本文に移動してしまう。
    Send,+{Tab}
    Sleep 100
    Send,^{enter}
    Sleep 100
    Send,{Tab}

myahk/blogentry.ahk at master · yasushiito/myahk



ひどすぎるホワイトデー・お返しはまさかの………!?

もう1週間前の話になってしまいますが、自粛ムードに疲れ果てて、延期されていたホワイトデーのお返しをしようとギフトフードを物色していたのでした。

しかし、うちのかみさんは暇さえあればで歩いて各地のスイーツを貪り食っているので、全国各地に支店があって、近くのデパートで購入できるような定番すぎる定番を送ったところでびくともしません(多分)。
できることなら自粛の波で大打撃を受けている観光地のご当地スイーツでもチョイスしようと考えました。
ちょうどうなぎパイの工場が止まってしまうニュース聞いたところでしたし。
これが 案外難しい。
考えれば考えるほどドツボにはまってしまって、 ネガティブなレビューを読んでしまったりして購買意欲を失っていきました。


あれこれとさまよった先に行き着いたのが「伊勢うどん
もはやスイーツですらない………。



ネット上では何かと評判の悪い伊勢うどんですが、 我が家では高評価。お土産でもらおうものなら大喜びです。
常温で保存可能で、賞味期限は3ヶ月。
茹でてつゆをかけて食べるだけの簡単コース。
ちゅるっと食べられるので、調子が上がらない時になんとなく食べることもできます。

4食入りで1000円。
一個あたり250円と、うどんにしては少々値段がかさばってしまいますが、ご当地の伊勢以外では手に入らないものですから、遠方から取り寄せる人にとっては便利と言えます。
少しでも送料を抑えるためにメール便でパッケージされ、郵便として届けられます。
簡易包装なのでギフトには向かないかもしれません。
うちの場合は、 Amazon の荷物を開封するのがギフトを受け取る本人なので、無駄なダンボールを捨てる手間がなくなるとポジティブに考えます。
実際 Amazon は便利だけど、ダンボールをばらして捨てるのが面倒やねん。



その注文が先日届いて 喜びの声が聞こえたので、やっとここで書くことができました。
伊勢うどん美味しいですよ。
讃岐うどんはいまいちという人には特にオススメです。
今の世の中、讃岐うどん至上主義すぎる。

超久しぶりにエディターを起動したよ

今年に入ってから、ラジオ聴取の環境が整ってしまって、生活を改善したいという野望の消失していました。
やりたいことはいくつもあって、やりたいことリストの中には「取り組め」と自分に命令しているにもかかわらず、気分が乗らなくてゲームに逃げたりネット巡回で時間を潰したりてしまってました。
こういう時は、「ものすごく簡単なことだけやることにして、何とかしてエディタだけでも起動する」というのがスランプ脱出が早道だと、経験がそう告げています。

そこで、ずっとメンテナンスを放棄されていたeltestを調整することにしました。
github から、ライブラリが古くなってセキュリティリスクがあるので修正するようにと警告され、対応したバージョン2アップデートできるようなパッチを当ててプルリク送っといたからマージしてな、と通知をもらってもガン無視してきていたのです。


手を入れろと言っても、特にやりたいことはないのですけどね。
Bluetooth トランスミッターが時々接続が切れていて、確認したり準備する操作を何だかんだで毎日やってしまっているので、自動化処理を呼び出すことにしました。
あとはラジオの再生機会が多いので、今後のために Radiko ボタンを追加しておくことにします。
もう一つはスクロールバー。
マウスポインターをウィンドウの両端に合わせるとスクロールする自動処理を組み込んでいるのですが、eltest画面中央に常時表示されているので不要不急のスクロールを来てしまうことが度々あるのです。
そもそもこのアプリにスクロールバーはいらない。
そこでスクロールバーを非表示にしてみます。


変更は簡単でしたが、 github から送られてきたパッチのプルリクを後回しにしてしまったので、修正が衝突してしまってマージが大変でした。
反省は次回に生かしたいと思います。


コマンド起動するボタンを追加するだけなので、修正内容を引用する必要もないので、せめてスクリーンショットでも撮影しておきます。

f:id:yasushiito:20200326185919p:plain

ラジオ番組、改変期がやってくる

大変だ、大変だ。
年度末だ。
改編期だ。
と慌ててももう遅い。

実はとっくにきていて、いくつかの番組は波に飲まれて行きました。

お気に入りだった週刊マネーランドが放送終了となったのが痛かった。
ラジオ番組はいつ打ち切られても不思議はないのですが、やはり好きな番組が切られてしまうのは厳しいもんです。
まだまだ面白かったし、SNS などでの好きな番組教えて ! の質問の中でもちょこちょこ名前が挙げられる程度には人気があったようだし、きっと行けるだろうと油断していました。
何よりもコロナ騒動で世界経済が大激動の時期に突入する、まさにこの時に番組終了とは………。
なんで一番美味しい時期を逃すんだよwww。

でももう終わってしまったものは仕方がない。
浅野さん山田さん、長い間楽しませていただいてありがとうございました。
お疲れ様でした。
山田さんの方はユーチューバーとしてすでにデビューしていますので、マネー情報はそちらでチェックできるかと思います。

www.youtube.com
浅野真澄さんは。同じ文化放送で「とれとれ」という番組がでパーソナリティーをやっており、マネーランドの終了後に時間帯の変更で放送されます。
事実上の浅野さんの後番組という位置づけでしょうかね。
そんな番組があるとは不勉強でした。
番組終了で難民になってしまうと恐れていましたが、この番組で様子を見てみます。


www.joqr.co.jp


マネーランド以外にも、時間帯の変更でチェックできなくなった番組もあり、空いた時間を埋められる番組を探さなければなりません。